南日本薬剤センター

本店STORE INFORMATION

店舗からのお知らせ

管理薬剤師紹介:山門 慎一郎(長崎大学薬学部 平成8年卒)


谷山は幼少期を過ごした愛着のある地域です。谷山で働けることを嬉しく思っております。谷山地区の基幹薬局として良質な医療・介護を提供し頼れる薬局として地域の皆様に貢献いたします。

住所 〒891-0141 鹿児島市谷山中央5-15-1(鹿児島生協病院隣)
電話番号 099-267-4365
FAX 099-267-6144
定休日 (年中無休)
営業時間 8:30~22:00
駐車場 60台
対応サービス 処方箋受付、お薬相談、ジェネリック医薬品、一般用医薬品等の販売、ヘルスケア商品の販売、高度管理医療機器の販売、生活習慣病に関する相談、禁煙サポート、在宅訪問、お薬の一包化、使用済み注射針回収
調剤機器等 投薬ブース、2次元バーコード、散剤監査システム、分包紙、自動錠剤分包機、監査カメラ、電子薬歴、音声入力、情報セキュリティ対策 *調剤機器等に関しましてはこちらもご覧下さい。
アメニティ 第2待合室、授乳室、おむつ交換台、プラズマクラスターイオン発生機、ティーサーバー、貸し出し用傘 *アメニテイに関しましてはこちらもご覧下さい。
セルフメディケーション機器 パルスオキシメーター(脈拍数、動脈血酸素飽和度が測定できます)、自動血圧測定機(血圧が測定できます) *セルフメディケーション機器に関しましてはこちらもご覧下さい。
現金以外のお支払い方法 クレジットカード、交通系ICカード、WAON、nanaco、PayPay、Payどん、Edy、iD、QUICPay、au PAY、d払い、楽天Pay、ゆうちょPay
各種保険の取り扱い 麻薬、生活保護、労災、結核医療、原爆、精神通院、更生、育成医療

医療DX推進体制整備についてはこちら


オンライン資格確認に対応しました。

オンライン資格確認とはマイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで資格情報の確認ができることをいいます。

オンライン資格確認対応店舗ではマイナンバーカードが保険証として利用できます。
従来の保険証の代わりに患者様の保険情報を確認できるほか、患者さまから同意をいただけた場合に、過去に服用していたお薬の情報の履歴や特定健診の情報等調剤に関する情報を、より適切なお薬の管理のために取得・活用させていただきます。
また、限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額を超える支払が免除されます。
※自治体独自の医療費助成等については対象外です。


南日本薬剤センター薬局本店は、2022年8月に鹿児島県認定の専門医療機関連携薬局(がん)に認定されました。

専門医療機関連携薬局(がん)とは、がんの専門的な薬学管理に関係機関と連携して対応できる薬局に対して都道府県知事が認定する制度の一つで令和3年8月1日に施行されました。
がん患者に対して、がん診療拠点病院等との密な連携を行いつつ、より高度な薬学管理や、高い専門性が求められる特殊な調剤に対応できる薬局です。


南日本薬剤センター薬局本店は、2021年8月に鹿児島県認定の地域連携薬局に認定されました。

地域連携薬局とは、患者自身が自分に適した薬局を選択できるように、特定の機能を有する薬局に対して都道府県知事が認定する制度の一つで令和3年8月1日に施行されました。
入退院時の医療機関等との情報連携や、在宅医療等に地域の薬局と連携しながら一元的・継続的に対応できる薬局のことを指します。外来受診時だけではなく、在宅医療への対応や入退院時を含め、他の医療提供施設との服薬情報の一元化・継続的な情報連携に対応できる薬局です。


南日本薬剤センター薬局本店は、2017年10月に厚生労働省基準適合健康サポート薬局として登録されました。

健康サポート薬局とは、厚生労働大臣が定める一定基準を満たしている薬局として、かかりつけ薬剤師・薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取に関することまで気軽に相談できる薬局のこと。皆さんの健康をより幅広く、積極的にサポートします。

厚生労働大臣が定める一定の基準をクリアし、都道府県知事に届出を行った薬局だけが「健康サポート薬局」として表示することができます

医療提供施設の方へ
採用情報